社会人になったら考えたい保険とは?社会の一員となり経済的に一人立ちしたら、大人の心得として、いざという時の保険についても考えておきましょう。独身のうちは、まだあまり大きな保障は必要ありませんが、親や周りに迷惑がかからないよう最低限の死亡保障と医療保障は準備しておきたいものです。!
ポイントはココ
ご両親があなた名義で入っている保険はありませんか?
あなたが生まれてから、ご両親があなたのために入っている保険があるかもしれません。その場合は、いつまでどんな保障があるのかを確認してみましょう。
付き合いや職場などで、とりあえず加入した保険はありませんか?
知り合いや職場に来た保険のセールスマンなどから勧められるまま、とりあえず入った保険はありませんか?保障内容が今のあなたに合っていなければ、その保険はムダかもしれません。
奥さまには保険は必要ない・・・と思っていませんか?
たしかに、若いうちは収入も少なめなので、そもそも保険料を払う余裕がない!と言う方も多いかもしれません。でも、いざケガや病気で入院したときにかかる費用を考えれば、決して高い買い物ではありません。若いときは保険料も安くなっています。
まとめ
社会人になって初めての保険なら、まずは入院や手術に備える医療保険を検討してみましょう。病気やケガのリスクは一生涯にわたって続きます。若くて健康なうちに加入すれば、保険料が安いというメリットもあります。また、扶養家族がいない独身時代は、それほど大きな死亡保障は必要ないと言えます。お葬式代など最低限の死亡整理金として、200〜300万円程度の死亡保険を準備しておけば十分でしょう。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.