保険の仕組み_わかりにくいと思われがちな保険の基本的な仕組みをご紹介します。
そもそも生命保険とは何なんですか?
生命保険は、金融商品でもあります。? 生命保険とは、「不測の事態が起きたとき、お金の負担を軽減する機能を持った金融商品」です。もし、不測 の事態が起きても困らないだけの十分な国の保障や、貯蓄があれば生命保険は必要なくなります。
しかしながら、多くの人は生命保険に対して、「よくわからないけど、何となく必要なもの」「社会人とし て入るのが常識」という特殊な感覚を感じています。生命保険はお守りや常識ではなく、また必ず必要な ものではありません。
生命保険とは、不測の事態になってお金の負担が生じた場合の、不足額を計算して、「その保障を得るため にいくら払うのか」を確認・納得した上で購入すべき金融商品なのです。
生命保険4つの基本
生命保険は実は簡単なんです。 生命保険の見直しをして、家計から無駄な出費を大幅にカットすることは可能です。しかしながら、無駄 な出費がカットされると同時に、あなたにとって本当に必要な保障までカットしてしまっては加入してい る意味はありません。
あなたが保険の説明を聞く前に生命保険の基本をしっかり理解していれば、すすめられる保険商品が、あ なたに本当に合っているのかチェックすることができます。
現在たくさんの保険商品が販売されていますが、実は生命保険自体はわずか4種類です。この4つのしく みについてしっかり理解しておけば、「保険の説明が難しくて理解できない」ということはありませんね。 実際に販売されている商品は、、この4つを複雑に組み合せ、たくさんの特約といわれるオプションがつけ られています。一般消費者の方が何の説明もないまま理解することは誤解を招きますし、たくさんの商品 の中から選択するのは難しいものです。
ですから、生命保険の4つの基本を理解したうえで、保険設計については保険のコンサルティングのアド バイスが役に立ちます。
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.