住宅を購入したら考えたい保険とは?人生で一番高価な買い物と言われる住宅。住宅ローンを組んだら、同時に見直したいのが生命保険です。加入中の生命保険がある場合、一般的には保険金額を減らせることが多くなっています。夢のマイホーム購入は、同時に「住宅ローン返済」という新たな支出が発生することにもなるので、家計全体を見直すことが大切です。
ポイントはココ
住宅ローン借入時に団体信用生命保険に加入されていませんか?
団体信用生命保険(団信)とは、世帯主に万が一のことがあった場合、残りの住宅ローン が保障される保険です。 保険料が住宅ローンの金利に含まれていることがほとんどなので、 意識することはあまりないかもしれませんが、加入されている場合、ご自身で加入された 生命保険の保険金額を減らせるかもしれません。まずは、団信への加入の有無を確認して みましょう。
現状の保険金額には、住居費も含まれていませんか?
住宅購入前は賃貸住宅にお住まいで、生命保険に加入されていた方は、万一のことがあっ た場合の保険金額が「家賃(住居費)」を含めた設計になっている可能性があります。 団 信に加入された場合、住居費分の保障が重複してしまいますので、保険金額の見直しによ り保険料を抑えることができます。
入院などで住宅ローンが払えなくなるリスクへの準備はできていますか?
たしかに、若いうちは収入も少なめなので、そもそも保険料を払う余裕がない!と言う方 も多いかもしれません。でも、いざケガや病気で入院したときにかかる費用を考えれば、 決して高い買い物ではありません。若いときは保険料も安くなっています。
まとめ
一般的に住宅ローンを利用し、団信へ加入された場合は、加入中の生命保険を見直せば保険料を安くできる可能性が高いです。ポイントは、住居費分が保険金額に含まれているかどうか。重複分があれば減額し、その分を医療保障への補てんや、住宅ローンの繰り上げ返済などへまわしましょう。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.