保険に入っていない。そもそも保険は未来にそなえるお守りのようなもの。将来の不安を抱きにくい若い世代ほど興味を持ちづらい商品です。しかし、万が一に備えるためにも現在のライフプランにあった保障を用意しておく必要があります。
ポイントはココ
いざ必要になったとき、蓄えは十分ですか?
不慮の事故や思ってもみなかった災害など、災厄は予測できません。
「万が一」のための備えは重要です。
生命保険は若くて健康なうちに加入する方が、月々の保険料を抑えられるなど有利!
若いころ病気などで入院する確率は非常に低いですが、医療保険は事故による入院も保障 されますし、年齢が若ければ医療保険に安く加入することができます。
保険の目的を明確に!
保険に加入する時、必ず目的(不安の内容)があります。
大きくは、「遺族の生活保障のため」「病気やケガをしたときのため」があげられます。
まとめ
例えば、みなさんが旅行を計画するときには、まずは旅行の動機・目的があり、そして、目的が決まったら予算と日数から絞り込んでいきますよね。保険も同じです。まず目的があって、次のステップで予算(保険料)と保障額が登場します。旅行では無計画になんでもありでも楽しいものですが、保険に加入するときは計画的に考えることをおすすめします。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.