万一の時に備えておきたい保険とは?保険はすべて、万が一に備えて掛けるもの。もしも一家の大黒柱の身に万が一のことが起きてから備えるのでは、手遅れになるかもしれない。そうなる前に必要な保障を準備しておきましょう。
ポイントはココ
約9割の世帯が契約
万一の死亡、高度障害などに直面した場合、残された家族の暮らしに大きな負担がかかり ます。残された遺族の生活資金、配偶者の老後の生活資金、お子様の教育資金など、後々 必要になる多額の生活資金を支えてくれるのが「生命保険」なのです。 (出典:(公財)生命保険文化センター「平成24年度 生命保険に関する全国実態調査」)※生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率
残された家族のために万全の備えを
自分の万一を想像することはなかなか難しいことかもしれません。とりわけ若い世帯主に 万一の事があれば、遺族にかかる負担は多額になります。そこでこれからかかる生活資金 を、「貯蓄」や「公的保障」で補った時の不足分を「生命保険」でカバーすることが必要 です。
まとめ
保険とは、もしものときのため、つまり万が一のリスクに備えるものです。
しかし万が一のリスクは、まさに千差万別、その人の生活や生き方、今現在おかれている環境によりいろいろです。自分自身にとって何が必要なのか、何を準備していけばいいのかしっかりと把握したうえで選ぶことが大切です。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.