結婚したらどんな保険が必要なの?人生の一大イベントである「結婚」。これからは、自分のことだけでなく、生涯連れ添うパートナーやこれから増える家族全体のことも考えていく必要があります。もしもあなたが、病気やケガで動けなくなったときや、万一のことがあったとき、家族の生活を守るための保障もきちんと準備しておきましょう。
ポイントはココ
独身時代のまま放置している保険はありませんか?
独身時代に付き合いで入った保険や、ご両親を受取人にしている保険はありませんか?結婚したら、もしものときの必要保障額も変わりますし、受取人は奥さまに変更するのが一般的です。どんな保険に入っているか、受取人は誰かなど保障内容をチェックしてみましょう。
責任が増した分、保障を大きくしないと!・・・とあせっていませんか?
結婚してもお子さまがいないのであれば、慌てて大きな生命保険に入る必要はありません。これを期にご夫婦で将来についてきちんと話し合い、現在の収入や将来設計に見合った保障を考えましょう。
奥さまには保険は必要ない・・・と思っていませんか?
共働きであれ、専業主婦であれ、女性が妊娠前に確保しておきたいのが医療保障です。女性の場合、妊娠・出産に伴って入院リスクが高まるので、妊娠中は医療保険に入ることが難しくなってしまいます。
もしも離婚してしまったら・・・。
残念ながら離婚してしまった場合、パートナーのために入っている保険があれば、見直しておきましょう。万が一のことがあった場合、受取人が元妻(あるいは、元夫)では、ややこしい事態になりかねません。生活環境や家族構成に変化があった場合は保険を見直す習慣をつけておくと安心です。
まとめ
結婚したときは、保険に加入するタイミングと言われますが、お子さまがいない、かつ共働きであれば、あまり大きな死亡保障は必要ないと言えます。万一のとき、残されたパートナーが社会復帰できるまでの生活費や、ご自身のお葬式代などの死亡整理金を目安に準備しておきましょう。一方、入院に備える医療保障は、旦那さま、奥さま共々準備しておくと安心です。特に奥さまは、妊娠すると医療保険に入りにくくなる可能性がありますので早めに準備することをおすすめします。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.