子供が生まれた時に考えたい保険とは?子供が生まれた時、万が一世帯主が死亡してしまったら残された家族への経済的リスクはぐぐっと現実的なものとなり、保険の金額も一般的にまとまったものが必要となります。万が一に備え、死亡保障を増額しておくことが必要です。
ポイントはココ
父親が亡くなった時の心配はありませんか?
これについては、父親自身の保険をよりよく強化することが必要です。
子供の教育資金の積み立ての心配はありませんか?
教育資金と言えば学資保険を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、学資保険の他に も、貯蓄性の高い終身保険など上手に活用するなど、さまざまな貯蓄性商品を視野に入れ ての検討をおすすめします。
子供の病気・けがの心配はありませんか?
子ども自身が被保険者(保険が掛かっている人)になるべき部分です。
社会人になった時点で、自分で本格的な長期のものに加入する前提で、それまでは都民・ 県民共済等で安くおさえるのもひとつの方法です。
まとめ
子供が小さいうちには、共稼ぎの場合でも両方がフルに働くことは現実的に難しく、どちらかが仕事を辞めたり、短縮労働に切り替えたり、正社員からパートなどに変更せざるを得なくなることも多いです。そうなると、一家の収入は一時的に減少する上に、やはり家族が増えるので生活全般に掛かる費用は増加します。 さらに、子供が成長するにつれて、教育費等の負担も大きくなっていくものです。 このようにかかる費用が増加すると、稼ぎ手が死亡したときに遺族が経済的に困る度合が高くなるので、ある程度の死亡保障が必要となるのです。 できれば、妊娠したら出産前に一度ご夫婦でファイナンシャルプランナーに相談してみることをおすすめします。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.