病気やけがが心配だから考えたい保険とは?病気やけがをしたらどうしよう・・・と不安に思っている人は多いかと思います。何が不安かというと「長期の入院で医療費がかさむ」「家族に肉体的・精神的負担をかける」などといった声が多くを占めているようです。あなたの対策は万全ですか?
ポイントはココ
加入している医療保険でけがも補償されますか?
契約内容によっては医療保険ではカバーできない場合がありますので、こういった場合、 一度見直した上で傷害保険の加入も検討してみてください。
日本人の死亡原因のトップはガン
日本人の死亡原因のトップはガンで、40歳代以降はどの世代においてもトップです。ガ ンでの入院は日数も長くなり、先進医療(※)などを施すと治療費もとても高額になります。
医療保険+ガン保険といったスタイルで保障を厚くしておくと安心
ガン保険だけでは、ガン以外の病気で入院しても保障は受けられず、やはり損をしたと思 ってしまいますので、全体をカバーできるような納得のいくスタイルを選んだほうがよい でしょう。  (※)先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日おいて、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。 具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それらの症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。
まとめ
せめて経済的な面だけでも負担をかけたくないという気持ちから、医療保険のニーズが高まっていることがわかります。
万が一に備え、ご自分にあった保険を選びましょう。
無料相談に申し込む
フッター
Copyright(C)2011 RISE CONSULTING All Rights Reserved.